贝拉电竞app_线上游戏官网~

图片

グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



名古屋市立大学データサイエンス学部(仮称)設置構想中!

ホーム >  名古屋市立大学データサイエンス学部(仮称)設置構想中!

名古屋市立大学データサイエンス学部(仮称)設置構想中!


※設置計画(贝拉电竞app5年4月開設)は予定であり、内容に変更があり得ますのでご承知ください。
今後、随時情報を更新いたしますので、是非ご覧ください。

本学が目指すデータサイエンス学部について

名古屋市立大学では、データサイエンスを駆使し、社会を取り巻くあらゆる課題の解決に取り組むことができる人材の育成及びこの地域の課題であるAIやデータ分析分野に関する研究体制の強化のため、データサイエンス学部の開設を検討しています。
特に7学部を有する総合大学としての強みを活かし、幅広い分野で活躍できる人材の育成と様々な地域課題の解決に取り組むことができる研究体制の構築を目指しています。
この目標に向かって、本学で一緒に教育?研究に取り組んでいただける教員を募集しています。詳しくは下の公募要項をご覧ください。熱意のある方の応募をお待ちしております。

概要(予定)

?学部名称及び構成する学科:データサイエンス学部(仮称) データサイエンス学科(仮称)
?設置時期:贝拉电竞app5年4月
?専任教員数:14名
?学生定員:1学年80名

データサイエンスとは

データサイエンス(以下、DS)とは、情報学や統計学の知識、AIなどの複数の分野を活用して、大量のデータを分析することにより、社会的に有益な価値を導き出す学問です。

DSの必要性

スマートフォンの普及やIоTの進展などによって膨大な量のデータが蓄積され、それを活用し価値を創造できる人材の育成が課題になっています。また、経済団体や企業等からも、DSを含めたIT人材の育成や人材を育成する体制の整備が望まれています。
本学では7学部?研究科において、ICTやデータを「活用」する分野を多く有しています。そのため、全学部?研究科が協力して、DSに関する教育及び研究を体系的?専門的に実施する体制を整備することで、ニーズに即した人材を育成し、地域社会の発展に貢献するとともに、市立大学のDS教育全体の水準を高めながら、他の学部とも連携した横断的な教育を行うことで、各学部の教育及び研究内容の充実にもつながり、総合大学としての市立大学全体の魅力向上に寄与できるものと考えております。
実践的なDS力を“分野横断的で多彩な学び”の中で磨くことで、DS学部(仮称)の学生にとっても大きな魅力になると考えています。

データサイエンス学部の画像

本学の目指すDS学部(仮称)の教育研究目標?人材養成目標(案)

本学ではDS学部(仮称)設置に向けて以下の教育研究目標?人材養成目標を考えています。

DS学部(仮称)の教育研究目標

全学的な連携や地域社会連携のもとで、実践的DS活用教育や研究に力を入れ、統計系?情報系の教育?研究を基に、学内?外で扱われる多様な課題に取り組むことを通じて、DS活用の人材養成や研究、社会貢献の拠点となることを目指します。

DS学部(仮称)の人材養成目標

実践的な“DS活用能力”を身に着け、統計系や情報系、対象データに関わる既存分野の知識力を効果的に用いることで、地域社会や学術分野における様々な課題にアプローチし、新たな知見や価値を創造できる人材の養成を目指します。

本学の3つのポリシー(案)

アドミッション?ポリシー(学生受け入れ方針)

  • 統計学や数学、情報科学を活用してデータから新しい知見や価値を創造することに関心があり、好奇心を持って自ら学ぼうとする意志のある人
  • 実社会や学術分野における様々な現象や事象に興味?関心を持ち、そこに現れる疑問や課題の解決向けてデータを活用することに強い興味を持つ人

カリキュラム?ポリシー(教育課程編成?実施の方針)

  • データ活用分野の知識?技法を習得するために、医療、経済?経営、理工学分野における専門基礎科目を学部専門関連科目として配置する。
  • アクティブラーニングと医療、経済?経営、理工学分野の学内外の実務現場との連携を通してデータ活用を理解するための演習科目を配置する。
  • データサイエンスの知識技術を応用展開する将来ビジョンを発見するための科目を配置する。

ディプロマ?ポリシー(学位授与方針)

  • データサイエンスの基盤となる統計学、数学、情報科学などを中心とする基本的な知識を総合的に修得し、それらを医療、経済?経営、理工学分野において活用することで、実社会や学術分野に関わるデータから新たな知見を見出し、価値を創造する知識と能力を身に付けている。
  • 実社会や学術分野における様々な現象や事象に興味?関心を持ち、データの収集と客観的分析を行うことで課題を発見し、その解決策をデータに基づき構築する能力を身に付けている。